交通事故の後遺障害認定申請は弁護士の助言のもとで

交通事故に遭った被害者が後遺障害を負った場合は、後遺障害認定申請をおこないます。
認定審査をするのは自賠責保険です。

自賠責保険では、認定した等級に沿った後遺障害慰謝料を被害者に給付します。


自賠責保険から出る後遺障害慰謝料は、交通事故の被害者になされる最低限の補償です。

All Aboutの情報をご案内しているサイトです。

交通事故の件数は膨大で、その件数と同じかそれ以上の数の被害者いるわけです。

交通事故は残念ながら毎日起きており、そのたびに無辜の被害者が生まれています。



加害者は賠償能力がないこともあり、その場合の被害者はどうなるかということです。


誰でも被害者になる可能性はあり、しかもその確率は低くはありません。
賠償能力のない加害者に傷害されたら破滅的事態になるのが確実という状況を放置しては社会不安にもつながるということもあり、自賠責保険は強制加入となっています。しかし、賠償能力のある加害者や任意保険会社が、最低限の補償のままで済ますのが良しとされるかどうかです。



裁判では、自賠責基準よりかなり高額な賠償を加害者側に命じています。

その額をもとにしてつくられているのが裁判基準です。

裁判基準での賠償が、被害者にとっての妥当な賠償額ということになります。妥当な賠償を受けるには、弁護士の助言を受けながら後遺障害認定申請をおこない、実情に合った後遺障害等級認定を受け、その等級に裁判基準を適用した賠償額で示談をすることです。弁護士が交渉しないと、裁判基準の適用はなされません。
弁護士の力に頼ることです。