弁護士に依頼すれば交通事故慰謝料を増額できる

交通事故にあって被害者となり、怪我をしたり後遺症が残ってしまうとき、慰謝料をもらうことができます。

ところが、自分で保険会社と交渉した場合と弁護士に交渉を依頼した場合とではその額に大きな違いが出てくる可能性が大きいのはご存知でしょうか。

産経ニュースの最新情報を公開しています。

例えば、交通事故で怪我をして入通院したときに保険会社から慰謝料の提示があります。

その額は保険会社が自賠責基準や任意保険基準で計算したものです。

交通事故慰謝料についてよく知らない被害者にとってはそれが妥当なの額なのかそうではないのかの判断がつきません。入通院に対する慰謝料は治療や検査、リハビリなどにおける精神的苦痛に対するものも含まれます。


仮に精神的苦痛が大きくて、提示された賠償額が低いと思ったとしても反論できるための根拠を明確に示すことができません。
慰謝料の計算には弁護士基準によるものもあります。

これは過去の判例を基準として慰謝料が計算されたもので保険会社が提示する額よりは多くなります。

保険会社もその基準については知っているものの、利益を減らさないためにあえて口には出しません。



慰謝料を増額するためには、弁護士基準での交渉が必要です。

慰謝料が不当と感じたら交通事故に詳しい弁護士に依頼するのが得策です。慰謝料の計算だけではなく、過失割合を被害者側に有利にできる場合もあります。



相談は無料という事務所もありますし、弁護士費用特約がついていれば費用が保険会社の負担だけで済むこと少なくありません。