交通事故を起こしたら弁護士へすぐに連絡

交通事故の加害者となってしまった場合には、被害者に対しての賠償が必要になります。
しかし、その額は事故の状況や過失割合によって大きく変わってきます。判断を誤ると予想以上の賠償をしなければならなくなるため、交通事故弁護に強い弁護士といつでも連絡が取れるようにしておくのが賢明です。


弁護士との相談で最も大切なのは、事故状況を詳細に説明することです。加害者の不注意が原因ならば過失割合は大きくなります。


ただし、被害者が信号を無視して飛び出してきたケース、悪質な自転車運転がありその結果事故に巻き込まれたケースなど、状況によっては過失割合が大幅に小さくなり、賠償額が減額されることが少なくありません。それをしっかりと証明するためにも、弁護士の協力は不可欠です。記憶が鮮明なうちに状況を説明しておけば、周囲にその証言を証明できるものはないか調査してくれます。

エキサイトニュースの情報も多数ご用意しました。

それが今後の交渉で有利に働くことになるでしょう。
また、交通事故の賠償にはいくつかの基準があります。



被害者はできるだけ高い金額を要求してくるため、弁護士の助けがないと一方的に高い賠償金を請求されてしまいます。
その請求額が妥当なのかを判断してもらうためにも、1人で考えずに相談することが大切です。

請求額のうち、どの目的に対していくら発生しているのかなどを吟味して、矛盾点や妥協点が判明すれば反論材料として、交渉で使えます。



交通事故に強い弁護士であれば、できるだけ賠償額を低く抑えるために有利な方向へ交渉を運ぶことができます。