弁護士は交通事故を扱う事例が多い

弁護士の中には、交通事故を専門としている方が多いです。
その理由は、稼げるからです。


特に、地方は車社会ですから、必然的に交通事故のトラブルが多くなっています。



そのため、需要が多いです。

それに加えて、交通事故の仕事の依頼を受けると、取りはぐれる心配がありません。

車を運転する人は任意保険に加入する割合が多いです。
そして、車社会の田舎ほど、加入率は高くなります。
依頼者が被害者の場合、示談交渉や訴訟は基本的に保険会社になります。

保険会社は資金力が大きいため、うまくいけば十分な賠償を得られます。

そして、そこから成功報酬は確実に受け取ることができます。これは、加害者側の仕事を受ける事も同様です。

基本的に保険会社が示談交渉をして、話がまとまらなければ訴えられることになりますが、保険会社はお金があるため、保険会社の代理人となっても報酬の支払いを受けられないという心配はありません。

以上のように、弁護士にとっては交通事故の案件はおいしいのです。



ただ、これは弁護士にとってのみメリットがあるわけではなく、依頼者にとって利用するメリットはあります。

それは、専門として仕事にしているため実務形ケインが豊富であることから、他の弁護士に依頼する場合に比べて自分に有利になるという点です。

そのため、交通事故のことについてトラブルが生じた場合に、それを専門とする弁護士を利用することにはメリットがあります。

悩んでいる方はそういった専門的な方を選ぶと、解決が捗ることになります。

東京新聞は支持されています。