交通事故被害にあったときの弁護士の選び方

交通事故の被害者となってしまった時には示談交渉を弁護士に任せてしまう方が安心です。

企業利益を優先する海千山千の保険会社に対抗し、少しでも多くの慰謝料を獲得するためには専門家の力が必要だからです。では、弁護士なら誰に依頼しても良いものなのでしょうか。


弁護士にはそれぞれ得意分野があります。

企業法務、離婚問題、借金問題、遺産相続、刑事事件などジャンルは多岐にわたります。
すべての事案を万能にこなせる人はまずいないと言っても良いでしょう。
ただ弁護士過多の今、依頼の獲得は競争です。
交通事故の事案をあまり手がけていなかったとしても、それを教えてくれることはまずないでしょう。



自分自身で見極めることが必要になってきます。交通事故で弁護士に依頼する時は、交通事故に関する知識の量と解決してきた事案の豊富さを確認しましょう。
実際に相談してみて、素人にもわかりやすく丁寧な説明ができるかがポイントです。

後遺障害がある場合は、法律の知識に加えて後遺障害等級の認定を得るための医学的な知識や認定基準についての知識を有していることも必要です。



経験については示談交渉の経験だけではなく訴訟の経験数も確認するのが良いでしょう。

また、交渉の全てを任せるわけですから、この人なら信頼できると感じることのできる人を選ぶことも重要です。無料相談などを利用しながら、複数の法律事務所に相談して信頼できる人を選びましょう。



ただし大きな事務所の場合は担当者が変わってしまうこともあるので注意が必要です。