交通事故の示談交渉に臨む前に弁護士に相談

交通事故の被害者は、軽傷で後遺症が残らず、自賠責保険の給付限度額も超えなかった場合を除いて、最後に示談交渉をすることになります。

交通事故の加害者が任意保険に入っていると、交渉相手は任意保険会社になります。


任意保険会社は、自賠責保険の給付限度額を超えた分を支払う当事者となります。

営利企業であり、被害者を負傷させたわけでもないことから、機械的に非常に低い賠償額を提示してきます。

被害者に大きな過失があったとする過失割合を主張し、自社負担となる賠償額をなくすか、または極めて少なくしようとすることが多いです。

過失割合がゼロであると想定されるために、被害者側の任意保険会社も介入していないわけですが、そうしたことは意に介しません。



任意保険会社の担当者は、過失割合などの専門的な分野には詳しくありません。

判例も気にせず、自社負担額をなくせる、もしくは最小限にできそうな過失割合をただ主張しているだけのこともあります。
そもそも内容をよく吟味した上での数字ではないため、被害者がそこで反論する意味はないと言えます。

正しい過失割合がわかるのは交通事故に詳しい弁護士だけですので、弁護士に相談しましょう。

弁護士に聞いた過失割合が通らないなら、裁判をする覚悟をすることです。



その姿勢で臨めば、妥当な賠償を得る可能性が出てきます。交渉も依頼すれば、速やかに解決します。

最初から依頼するのが、最も望ましい方法ではあります。